topにもどる
メディアに掲載された姫野作品の書評を紹介(彼女は頭が悪いから/文藝春秋社)

ニュース/近況
プロフィール
著作リスト
写真
書評紹介
インタビュー記事紹介
一冊読むならブックナビ
連絡方法
関連リンク
クローズアップ
PCや携帯で読むには
『彼女は頭が悪いから』文藝春秋社


第32回柴田錬三郎賞 受賞の言葉
2019年11月15日 受賞式で配布された小冊子(集英社)より
 シバタレンザブロウ。発音するだけで胸がしめつけられます。昭和五十年代もごく初め、高校生だった私が、苦心して苦心して手紙を書いていた相手こそ柴田錬三郎。
 片田舎の高校生が住む家は、岩のように暗く、小説家に手紙を出すなど頽廃とみなされたので、親に隠れて書き、投函するところさえ町民にみられぬよう、毎回偽名で住所も書かずに出していました。でも柴田先生には、風のように軽やかで自由に育ってきたように見せたい――。「苦心して書いていた」というのは、こういう意味です。
 東京に(それも女子が)出るのは、あばずれの親不幸とされていた時代、さらなる苦心をして上京したのですが、その年に柴田先生はお亡くなりに……。墓前に額ずいてから幾星霜。その間も長く、小説家になったことを親や郷里の人に隠し続けてきました。
 このたび、かつての高校生が生徒手帳に写真を入れていた作家の、その名を冠した文学賞を受賞できたことは感無量です。私にとっては青春賞です。この受賞は隠しません。本当に本当にうれしいです。
姫野カオルコ




第32回柴田錬三郎賞 選評(五十音順)
受賞式で配布された小冊子(集英社)より

無知と罪科
伊集院静

 今回の姫野カオルコさんの作品はまことに佳い作品であった。
 読後、よく踏ん張って、これほどの作品を仕上げたものだと感心した。まずはこの題材に取り組もうと筆を執られた姫野さんの小説家としての姿勢に敬意を表したい。
 小説は読者にさまざまなことを語る能力、役割を備えている。時にその能力、役割は読者に、感動というかたちとは別の、問題提起を与えることがある。たとえそれが社会全体の中のひと握りの読者に与えたものであっても、十分に社会への警鐘、警告になる。
 私たちの日常には、実にさまざまな出来事が日々起こっている。ささやかな出来事もあれば、事件として大きく報道される出来事もある。犯罪に及ぶ事件などは、報道された事象がおぞましいものであるなら、なぜこんなことを人間が?という思いを抱く。ただ報道というものは、事件の真実を、実は見出せないという宿命を常に持っている。真実の定義は別として、その事件に興味を抱き、克明に見つめていくと、そこに不可解なものや、闇の中にうごめく何かを気配で感じることがある。大半の人が不可解におもわなかったり、見逃してしまうことを捉える眼を持つ作家がこれまで日本には何人もいた。事件を物語として、人間を描くことは、小説の能力であり、大切な役割であると私は考えている。
 本作品を読んで、姫野カオルコさんには作家としての眼と、勘のようなものに卓越したものがあるのにあらためて感心した。
 人間として生まれて来た哀しみを描くことが小説の重要なテーマとしたら、本作品はそれを見事に描いている。”無知は犯罪に及ぶ要因”という言葉があるが、この作品の一方の主人公である大学生は、無知の典型である。あおの無知は、勿論、彼等にも責任があるが、それ以上に、このように無知な若者を生み出した社会構造と、優越、業といった人間の醜さが、本作には鮮烈に描いてある。さらに見事なのは物語の結末まで、この無知を主人公と家族たちが理解できない描き方をしたことである。
 柴田錬三郎の作品に通底するものは”人間の業を描く”ことであった。本作品はまさにその現代版と言えよう。素晴らしい作品と受賞作家を迎えることができた。


女性作家の馬力を見た
逢坂剛

 姫野さんの受賞作は、現実の事件をもとに組み立てられているが、ノンフィクションではないし、ノンフィクション・ノベルでもない。純然たるフィクションである。著者自身の、事件に対する個人的な分析、解釈が小説として構築されており、その解釈に読者が共感を覚えるか否かで、本作への評価が分かれるだろう。
 姫野さんの取材が、どのレベルまで及んでいるかは、分からない。それは本作の価値と、ほとんど無縁である。公表された事実、報道などをもとにしたもので、関係者への直接取材はなかったと思われるが、それはむしろ正しい姿勢だったといえよう。そうでなければ、このような事件を小説に仕上げる馬力は、生まれなかっただろう。
 こうしたケースでは、とかくどちらか一方を悪者に仕立て、もう一方を加害者に仕立てがちだが、本作はそんな単純な構図では描かれていない。かといって、被害者があまりにもナイーブすぎたとか、加害者が結果に対する想像力を欠いていたとか、ありきたりの結論を用意しているわけでもない。あくまで、作者が想定する事実を読者に突きつけることで、事件の重さを示そうとする。いわゆる、〈問題作〉として、問題を提起しようという明確な意図は、よくも悪くも読み取れない。
 それは結局、事件に対する作者自身の心理的葛藤を、とにかく書き留めずにはいられなかった、という事情を物語るだろう。並みの作家、なかんずく男性の作家ならば、最後になんらかの理屈をつけようと、無難な着地を心がけるところだ。しかし、姫野さんは着地寸前で手の動きを止め、これがどのように収束するかを、あえて書かずに終わらせる。被害者たる、作者と同姓のの若い娘に過度の道場、理解を示さず、逆に加害者たる東大生への感情的、理性的非難も極力抑えている。
 エモーショナルに書こうとすれば、いくらでも書けるところを引き締めた筆致は、まさにためた馬力を身の内で爆発させなければ、生まれぬわざである。


才能と心意気
桐野夏生

 姫野さんは、日常のリアルな描写が際立ってうまい。そのディテールから、登場人物が意識していない人間の本性とでも言うべきものが浮かび上がる。
 例えば、主人公・神立美咲の家は、元は百姓だったと自称する、ざっくばらんな家庭である。美咲が一人で煮物を温め直して食べ、父親が持ち帰った女性誌を自室のベッドで読む描写などは、ささやかな幸福感に溢れている。だから、美咲は手の届かないものは、「どうせ」自分には縁がない、と諦めるのだ。身の丈であることを健全と見るか、脱落と見るかで、人間の本性がわかる。
 他方、東大生のつばさは、司法試験を諦めて地方の教師になった兄を、脱落者と見なして軽蔑もしている。自分は東大に入った勝者、最も賢き者(教育投資のたまものだとしても)であるが故に、努力しない者、偏差値の低い学校に通う者を、同等の者と見ることはできない。故に、部活の女子マネは、偏差値の低い学校の女子にやらせるし、本名を知ろうともしない。それは、つばさの仲間たちも同じである。
 そんなつばさと美咲が、ほんの少しの期間、付き合ったとしたらどうなるだろう。人の好い美咲は「恋」だと思い、つばさは、仲間に知られると恥ずかしく思う。
 この作品は東大生による強制わいせつ事件と、その後のネットの反応を機に書かれた。千葉大医学部レイプ事件、慶應の学生によるわいせつ暴行事件、歌舞伎町で起きた集団路上泥酔事件、そしてJKビジネスも、アダルトビデオ出演強要問題も、ネット民によう中傷も、すべて根は同じである。差別によるヘイトクライムだ。
 この国で女に生まれることは、とても憂鬱なことだ。女たちの憂鬱と絶望を、優れたフィクションで明確に表した、姫野さんの才能と心意気は称賛されるべきである。小説でなければできないことがあるのだ。


フィクションでしか書けない真実がある
篠田節子

 賞取りや文学的評価を度外視して書かれたテーマ性とメッセージ性の際立つ作品、批判をおそれず書かれた力作だ。
 富や知識、情報が親から子へと譲り渡される中で拡大してきた格差。持てる者、自らを特権階級と自覚した者、世間でそう見なされた者が、ヒエラルキーの下位にある者の、人としての尊厳を踏みにじる。「東大」は記号に過ぎない。内省や逡巡を排し、最短最小の時間と労力で目的を達成しようとする合理的で健全な精神。それが内包する危うさを象徴するものとして具体的な大学名が記された。
 特筆すべきは、姫野カオルコがここでどぎついくらい明確に描き出した事件の本質だ。それは「性的興味の対象である女性に対してくわえられた性暴力」ではなく、「モノと見なされた下位の者に対して振るまわれた遊びとしての暴力」だ。現実の事件で多くの人が見落とした部分であり、これまでの映画や小説では取り上げられなかったテーマだ。
 おそらくは作者は現代日本の抱える病理を直感的に探り当てたのだろう。それを単なる説明ではなく、丹念にエピソードを重ね、主人公と登場人物たちの心理を描写することで浮かび上がらせた。
 読み進めるうちに、これが自分に無関係なエリートたちの引き起こした事件ではなく、東大生でもなければ男でもない私自身が、場合によっては加害者と同じ心境に陥る可能性があると感じ始める。そんな普遍性と迫真性は優れた小説のみが備えるものだ。
 勧善懲悪でも、単なる告発糾弾でもなく、作者は女性学長の言動を借りてひとつの道筋を見せて物語を閉じる(ちなみにこの学長の面倒見の好さと腹のくくり方、思想性は、この規模の女子大の学長としてすこぶるリアルだ)。
 インド、中国、そのほかのアジアの国々で書かれている現代小説に通じる、メッセージ性の強い、勢いのある、問題提起を含んだ小説が、姫野さんのようなキャリアのある作家によって書かれたことは、私にとってもたいへんに心強く励みになった。


平成の最も重要な本
林真理子

 姫野カオルコさんの『彼女は頭が悪いから』は、平成における最も重要な本の一冊だと私は考える。
 この本は東大生協でベストセラーになっただけではない。上野千鶴子名誉教授による、今年の東大入学式の祝辞の中でも取り上げられた。
 ここには格差というものをはるかに超えた、絶望的な断絶が描かれている。現代の東大生というのは単に頭がいいだけではない。そのような家庭に埋まれ、金と時間をかけて丁寧につくられていくものだと、著者は祖父母の代までさかのぼっていく。職業や固有名詞を執拗なまでにだしてゆくのだ。それが素晴らしくリアリティがあることに驚く。
 そして著者の筆は、この日本の多くの大学が、偏差値によって記号化いくことにも及ぶ。だからこうした記号の正確さを侵すもの、たとえばAO入試や、英語以外の語学で入試を受ける者に対しての、世間の風当たりは強いのだということもだ。
 今まで都市伝説のようにささやかれていたこともはっきりとこの本では書かれているが、それは、やがて訪れる事件への反応、
「ずるいことをして得をした人は許さない」
 という、世間の実に狭量な思想へとつながっていくのである。
 三流の女子大生のくせをして東大生に近づくのは、何かしらのペナルティを受けるべきなのだ、というネットの書き込みの残酷さ、愚かさに、読者はぞっとすることであろう。が、この事件のニュースを聞いた時に、一瞬でも、
「どうせ東大生狙いだったのだろう」
 とあなたは思わなかったのかと、著者は読書にも問うているのである。
 確かに後味の悪い小説だ。東大生たちの薄っぺらさ、ごく自然な傲慢さに、ぞっとしたのは私だけではないだろう。彼らは最後の最後まで、いったい何が悪かったのかまるでわかっていないのだから。
 といっても、これは啓蒙小説ではないですよと、著者の軽妙な筆致は言っている。
 これだけ嫌な素材でありながら、嫌悪だけをもたらさないのはさすがである。

HOME/ニュース/ プロフィール / 著作一覧/ 写真/ 書評/ インタビュー/ブックナビ/ 手紙/ リンク/ クローズアップ

Copyright(c) 2016 姫野カオルコ公式サイト All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・放送等を禁じます。
Webmaster "Keiji-Koga" Since Feb.2005.