姫野カオルコ 情報掲示板@


[トップに戻る] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
お名前
E-mail
件名
コメント
URL
添付
削除キー (英数字8文字以内)   クッキー保存
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

[93] 「謎の毒親」紹介記事 投稿者:お知らせ 投稿日:2016/01/11(Mon) 19:06
中江有里「私が選んだベスト5」 年末年始お薦めガイド2015-16
[レビュアー] 中江有里(女優・作家)
http://www.bookbang.jp/review/article/506473

[92] 新刊案内 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/11/01(Sun) 17:38
「謎の毒親」新潮社刊 11月20日発売

最大のミステリは、両親でした――

少女の頃から受けてきた謎の仕打ちの理由 ( わけ ) が知りたい!
驚愕の実体験を「人生相談」形式で描く長篇小説。

ウチの親って、絶対になんか変!
――と思っているあなたに贈る究極の毒親物語

意味不明、理解不能の罵倒、叱責、無視、接触……
こんな親から解放されて幸せになる道はあるのか?


[91] 取材記事 投稿者:エコール倶楽部 投稿日:2015/10/22(Thu) 13:25
エコール倶楽部

介護・保険の雑誌「エコール倶楽部」の取材記事です。

http://www.ecol-homecare.gr.jp/story/pdf/2013spring.pdf

[90] 下の訳文です 投稿者:ジキル 投稿日:2015/08/08(Sat) 10:02
とある小学校二年の少年少女を主役とする人間ドラマが始まる。早くから恋心が芽生えた少女たちは、大人に劣らぬほど複雑な人間関係を築く。
やがて中学生になり、彼女たちは性に目覚めていく。中でも森本隼子の青春はひときわ異彩を放つ。彼女は人物Aと激しい恋に落ち、ついに傷ついて卒業していく。隼子の早熟な性体験を中心に、少女たちの生態が揶揄の利いた筆致で生き生きと描き出されている。
十代の恋愛につきまとう、清純で美しく、繊細で傷つきやすいというイメージが、この作品では一掃された。少女たちは恋をすると、たちまち性におぼれ、一夜のうちに女へと変身する。恋愛と性の境界線は曖昧で、当事者はそんなことには無頓着だ。
未成年の彼女たちにとって、ひたむきな愛情と性の謳歌の区別など必要ないのかもしれない。十代の若者の奔放な愛がここまで単刀直入に描かれたのは初めてであろう。
とりわけ目を引くのは作家が用意した文体である。絶妙な文章感覚に基づき、異なる文体を効果的に使い分けながら、成長を続ける少女たちの多様な生き方を表現している。
笑いの要素が大胆に持ち込まれたのも特徴だ。恋愛小説でユーモアは扱いにくいが、この作品では
諧謔の成分がテキストの中に有機的に組み込まれている。恋愛小説の法則を片っ端から覆した作品だが、いままでにない新鮮さと感動がある。独特の物語展開と多様な語りの合成は、将来にわたって読者の記憶にとどまるであろう。

[89] ツ、イ、ラ、ク−海外に向けて紹介記事 投稿者:国際交流基金 投稿日:2015/08/06(Thu) 09:18
from Worth Sharing illuminating love in Japan
Arts and Culture Department the Japan Foundation

『TSU, I, RA, KU』 【 F-A-L-L 】
By HIMENO KAORUKO

Kadokawa Shoten (Kadokawa bunko) 2007
540pp ¥705 ISBN 978-4-04-183514-2
Email: web-customer@kadokawa.co.jp

About『Tsu, i, ra, ku』 【 F-a-l-l 】Text by 張競(Zhang Jin)
professor of Meiji university

This book sketches a quintessentially human drama, centered on second-grade children.
The girl awaken to love early, building social relationships every bit as complex as those of adults before entering junior high school and discovering sex.
The adolescence of Morimoto Junko is prominent in the story. She falls violently in love with a certain person A, ultimately getting hurt before she graduates.
Himeno Kaoruko vividly depics the life of young girls, and the precocious sexual experience of Junko in particular, with a sartirical touth.

The work dispels the pure and beautiful, tender and vulnerable image of teen-age love.
The girls fall in love,immediately move on to sex,and become woman in the space of a night.
The boundary between love and sex is ambiguous, but this does not bother them.
Perhaps the the distinction between earnest affection and exultant sex is one that these young girls do not need to make.
This may be the first time the uninhibited love of teenagers has been written about so directly.
It is Himeno’s style that particularly draws the reader’s attention.
With exquisitely crafeted sentences and effective use of variations in tone, she describe the diverse lives of the grown girls.

Another feature is the bold use of elements mean to elicit laughter.
It is difficult to employ humor in romantic fiction, but this book organically integrates these elements into the text.
In overturning the rules of love stories one by one, story and combination of a variety of voices create a novel that will linger in reader’s memories.

About HIMENO KAORUKO(the author "F-A-L-L")↓

Born in Shiga Prefecture in 1958.Devuted with Hito yonde Mitsuko(Everyone call her Mitsuko) in 1990 after submitting the unsolicited manuscript Kodansha a publisher.
Named a candidate for Naoki Prize in 1997 for Junan(The Passion); and in 2010 for Haruka Eihty;and in 2010 The Real Chinderella. In 2014 she won the Naoki Prize for shwa no inu(Showa Dogs).

http://himenoshiki.com/english/eindex.html

[88] 新刊予定 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/04/16(Thu) 07:16
光文社文庫より5月12日発売
『整形美女』

「美人」ってどんな顔?
「ブス」ってどんな顔?
審美眼を根底から磨きなおす問題作


[87] 読書ガイド 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/03/22(Sun) 19:36
青山学院大学文学部日本文学科 高校生のみなさんへ

http://www.cl.aoyama.ac.jp/japanese/highschool/guide/

[86] ツイッターで投票できます 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/03/07(Sat) 20:50
徳間文庫新刊
「お金のある人の恋と腐乱」ノミネート

第1回「IN★POCKET」文庫装幀大賞

http://booklog.jp/special/pocket_bookcover


[85] 姫野カオルコさん大津で講演 投稿者:滋賀県文化振興事業団 投稿日:2014/12/31(Wed) 09:25
姫野カオルコさんの講演が滋賀県であります。

【『湖国と文化』第150号記念講演会】です。
『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞、第39回滋賀県文化賞を受賞された姫野さんから故郷・滋賀への思いを伺います。

■日時
2月11日(祝日・水曜)
14時〜15時
(受付は13時半から)
■会場
琵琶湖ホテル・「瑠璃」
(※大津市浜町2-4)
■無料
■申込み方法
【FAX】か【Eメール】で。先着200人様。

FAX= 077(522)9647
E-mail= bi-snet@shiga-bunshin.or.jp

□受付終了日2/6(金)

■講演についてのお問合わせ(注/申込み先ではありません)
(公財)滋賀県文化振興事業団まで。
電話 077(522)8369
http://www.pref.shiga.lg.jp/c/kemmin-s/files/files/lacal84_6.pdf
(fm 滋賀県文化振興事業団)



[84] 新刊画像 投稿者:管理人 投稿日:2014/12/14(Sun) 09:38
1月発売の「部長と池袋」画像です。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
記事No 削除キー

- CLIP BOARD -