姫野カオルコ 情報掲示板@


[トップに戻る] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
お名前
件名
コメント
添付
削除キー (英数字8文字以内)   クッキー保存
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

[88] 新刊予定 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/04/16(Thu) 07:16
光文社文庫より5月12日発売
『整形美女』

「美人」ってどんな顔?
「ブス」ってどんな顔?
審美眼を根底から磨きなおす問題作


[87] 読書ガイド 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/03/22(Sun) 19:36
青山学院大学文学部日本文学科 高校生のみなさんへ

http://www.cl.aoyama.ac.jp/japanese/highschool/guide/

[86] ツイッターで投票できます 投稿者:お知らせ 投稿日:2015/03/07(Sat) 20:50
徳間文庫新刊
「お金のある人の恋と腐乱」ノミネート

第1回「IN★POCKET」文庫装幀大賞

http://booklog.jp/special/pocket_bookcover


[85] 姫野カオルコさん大津で講演 投稿者:滋賀県文化振興事業団 投稿日:2014/12/31(Wed) 09:25
姫野カオルコさんの講演が滋賀県であります。

【『湖国と文化』第150号記念講演会】です。
『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞、第39回滋賀県文化賞を受賞された姫野さんから故郷・滋賀への思いを伺います。

■日時
2月11日(祝日・水曜)
14時〜15時
(受付は13時半から)
■会場
琵琶湖ホテル・「瑠璃」
(※大津市浜町2-4)
■無料
■申込み方法
【FAX】か【Eメール】で。先着200人様。

FAX= 077(522)9647
E-mail= bi-snet@shiga-bunshin.or.jp

□受付終了日2/6(金)

■講演についてのお問合わせ(注/申込み先ではありません)
(公財)滋賀県文化振興事業団まで。
電話 077(522)8369
http://www.pref.shiga.lg.jp/c/kemmin-s/files/files/lacal84_6.pdf
(fm 滋賀県文化振興事業団)



[84] 新刊画像 投稿者:管理人 投稿日:2014/12/14(Sun) 09:38
1月発売の「部長と池袋」画像です。


[83] 1月に新刊 投稿者:光文社 投稿日:2014/12/11(Thu) 10:12
姫野愛読者に向けて先行おしらせ。
1月半ばに弊社より新刊文庫オリジナル(単行本を経ずにダイレクトに文庫出版すること)が出ます。
タイトルは「部長と池袋」。詳細後日。

[82] ラブレター特集 投稿者:文學界 投稿日:2014/12/08(Mon) 22:02
文學界・2015年1月号「総力特集LOVE LETTERS 2015」
姫野カオルコさんのラブレターもあります。
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/index.htm

[81] 青学・講演 投稿者:片山宏行 投稿日:2014/12/08(Mon) 22:01
今日は対談、パーティーとありがとうございました。
聴講に来ていた学生たちも<生カオルコさん>のオーラに感激していました(「カオルコさん、めっちゃキュート!」と騒いでおりました。小生もそう思いました)。
ますますのご活躍を。日文も大いに援護射撃をさせてもらいます。

[80] ロッテガムのグラビア 投稿者:週刊新潮 投稿日:2014/12/05(Fri) 21:31
『週刊新潮』12月11日号(??47)p20(目次の右隣ページ)/ロッテガムタイアップグラビア・姫野さん出演です。
『週刊新潮』よろしくお願いいたします。(fm週刊新潮)

[79] 姫野さん講演にさいしてのお願い 投稿者:集英社文庫編集部 投稿日:2014/11/26(Wed) 17:20
 すでにお知らせがありますように姫野カオルコさんの青山学院での講演会が、12月6日に開かれます。
http://www.aoyamagakuin.jp/140th/event/outline/event_15.html
新春にも別の講演が予定されています。
 両イベントに参加申込みをして下さいました皆様に、担当編集者一同、厚く御礼申し上げます。

 つきましては、担当編集者一同よりお願いがございます。
 当日の開演前には、ご親族・ご友人など例外なく、姫野さんへの御面会は、何卒お控え下さい。

 複数の方々が、参加申込みをされるイベントは、何カ月も前から開演当日まで細かなタイムスケジュールで進行されます。
 開演前の控室訪問は、予定を大幅に狂わせます。
 まず御参加の皆様、そしてイベントスタッフ、講演者本人、あらゆる方々に迷惑をかける結果となります。
 また、女性講演者の場合、壇上に出る直前まで身支度もあります。開演前には余裕が全くありません。

 かかる次第を御理解していただき、イベント前に、駅で待つ、写真を撮る、開演前の控室を訪問する、といったことは、何卒お控え下さいますよう、何卒お願い申し上げます。

角川書店・光文社・幻冬舎・集英社・新潮社・徳間書店・文藝春秋(社名50音順)
姫野カオルコさん担当編者一同/代表 集英社文庫編集部 栗原佳子



Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
記事No 削除キー

- CLIP BOARD -