376073

姫野嘉兵衛ファンの掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
売り上げ第一位! 投稿者:映画・受難関係者 投稿日:2014/02/02(Sun) 13:10 No.233

2月2日。朝日新聞見てたらトーハン調べ今週のセールスベスト1でした。ビジネスマンとしてはうれしいですね。

Re: 売り上げ第一位! - なつせ、管理人 2014/02/03(Mon) 08:30 No.234
直木賞を獲るって、こういうことなんですね。 ぜひ他の作品にも触れてもらえるよう、ファンも頑張らないと!
次にお薦めする本 - 2014/03/11(Tue) 21:39 No.267
”昭和の犬”を
「直木賞ならば、」
と手に取った読者に、
「次は、この一冊をどうぞ( ^-^)_旦~」
とお勧めするなら、なんでしょう?

時代背景が似ている「リアル・シンデレラ」でしょうか。

が、ファンタジーの要素を理解しない人(>exp. 俺!)が読むと、「よくわからない。」となりましょうか。

ご意見求む。

Re: お薦めする本 - 櫻井 2014/03/12(Wed) 22:50 No.269
「姫野ファン」には至らぬ読者ですが、『特急こだま東海道線を走る』です。ジャケットも好きです。
Re: 売り上げ第一位! - きょん 2014/03/13(Thu) 23:25 No.272
25年来の友人が、私が直木賞の授賞式に招待していて頂いたという話をしたら、興味を持ってくれて。ツ、イ、ラ、クを読んではまったそうです!「なんで今まで読まなかったんだろう!」と悔しがってました。
オススメを聞かれてとりあえずハルカエイティとリアルシンデレラをお薦めしたら、その足で買ったそうです。
また、感想きくのが、語り合うのが楽しみです。
やっぱり直木賞ってすごい!

Re: 売り上げ第一位! - ノリコ(きょん) 2014/03/13(Thu) 23:28 No.273
名前間違えました。ここでは、ノリコでした!
Re: 売り上げ第一位! - 2014/03/14(Fri) 03:33 No.275
きょんさんって、ノリコさんだったのかぁっ
それでは中間集計。
「リアル・シンデレラ」光文社文庫2012/6
「特急こだま東海道線を走る」文藝春秋2001/10/30
「ツ、イ、ラ、ク」角川文庫2007/2/25
「ハルカ・エイティ」2008/10/10文春文庫

小説の文庫最新刊は、リアル・シンデレラですね。

Re: 売り上げ第一位! - 都子 2014/03/14(Fri) 20:33 No.279
私は『リアル・シンデレラ』が現時点で最高傑作だと勝手に思ってるのでおすすめします。
ファンタジーテイストが入ってるのが、また良いんですよ〜。
次点『ツ・イ・ラ・ク』ですね。ジェットコースターに乗ってるように感情が揺さぶられる作品ですね。個人的に、人生が決定づけられた作品であることを差っ引いても2003年に読んだどんな小説よりも面白かったです。
長編は疲れるわ、という方には『サイケ』と『蕎麦屋の恋』を。イーストプレス版の『蕎麦屋の恋』には「スワンの涙」という親指シフトキーボード愛にあふれる作品も収録されてましたね。

Re: 売り上げ第一位! - 2014/03/17(Mon) 03:11 No.286
まとめます。

イチオシ!
「リアル・シンデレラ」
光文社文庫2012/6 \720 Kindle版もあります。

 長編小説の文庫としては、最新刊。
 時代背景は「昭和の犬」と同じ。
 少しのファンタジー要素を含むところが素敵。
 週刊ブックレビュー2010年末特番で、中江有里が取り上げ、児玉清と共に、ラストのシーンが素敵である旨を述べたときの中江有里の表情が素敵だった。(僕(楊)の個人的な感想です(笑))
 第143回(2010年上期)直木賞候補。
 ただいまKindle版、単行本が「昭和の犬」に続いて売上第二位です。


次のオススメ!
「ツ、イ、ラ、ク」
角川文庫2007/ 2/25 \740 Kindle版もあります。

 大恋愛小説
 「昭和の犬」が直木賞を受賞するまでは、姫野作品の中で長らくベストセールスを記録していたヒット作。
 現在でも、amazonのランキング(文庫)は三位の「リアル・シンデレラ」を大きく離して「昭和の犬」に続く第二位です。
 第130回(2003年下期)直木賞候補
 この作品以降知名度が上がり、もう「俺たちの姫野さん」という感じでは無くなった。ちょっと微妙な大ヒット作。
 ちなみに、発売された当初、「この本は売れる!」とこのサイトで盛り上がっているところを、
 某ちゃんねるで「オイ、取り巻きたちが狂喜乱舞しているぞ」と揶揄されてました(笑)


この書き込みにあたり、amazonのランキングを調べたのですが、
「昭和の犬」「リアル・シンデレラ」「ツ、イ、ラ、ク」に岩佐真悠子主演で映画化された「受難」(Kindle版が売れている)を加えた4作品が、セールスでは四強と言えるようです。
これに続く第五位が「すべての女は痩せすぎである−真説・美人論」集英社文庫2004/ 6/25でした。つまり、コラム、エッセイとしてはこれがベストセールスなんですね。(ちょっと意外)


と、言うわけで、以上は売上の裏付けがあるオススメ作で、
以下は、ファンがオススメする「知る人ぞ知る作品」と言うことになります。
「特急こだま東海道線を走る」文藝春秋2001/10/30
文庫版は、「ちがうもん」2004/10/10文春文庫2004/10/10 Kindle版2014/ 1/17もあります。

 現代を生きる主人公が記憶を掘り起こす手法で描かれた短編集(5作品)
 主人公が振り返る年代は、「昭和の犬」と同じ1960年代前半。未就学児童の視線で追います。
 記憶を掘り返した後の主人公の姿がどれも印象的な短編集です。
 特に記憶に残るのは(そして、ファンの間で話題に昇るのは)表題作「特急こだま東海道線を走る」です。
 「昭和の犬」では、子供は大人に対し、ほとんど無力なのですが、
 「特急こだま東海道線を走る」では、機転を利かせて両親の危機を救います。
 泣けます。今読み返して泣けてきた。この児童が利かす機転は、両親に気付かれてはならない機転なのですが、それを端から見ていて気付いている大人がいる!

 うん。今、読み返して確信した。「昭和の犬」で初めて姫野カオルコ作品に接し、感動した人には、
 短編「特急こだま東海道線を走る」(「ちがうもん」に収録)をオススメすれば、
 泣いて喜ばれること請け合いマス。

結論が出た所で(^_^;)あとは、簡単に記します。
「ハルカ・エイティ」文春文庫2008/10/10
 第134回(2005年下期)直木賞候補。
 激動の昭和を生きた女性が主人公。
 平凡な人生を生きた主人公ですが、現代人が読むと、「不自由な社会でも、これだけ自分らしく生きることが出来るのだ。」と励まされる思いがある、爽やかな読後感です。

以下二作は、今までご紹介した作品と異なり、クールで気が効いた作品です。
多少毛色の違いがある作品をお薦めするのは、コアなファンの面目躍如となりましょう。(都子さん、ナイス!)
「サイケ」集英社文庫2003/ 6/25
サイケデリック・ファッションが最初に流行った六十年代後半から七十年代を小学生として過ごした少年・少女。彼らをフィーチュアした六編からなる短編集。
アヴァンギャルドなテイストが、読んでいる僕を「俺って、ちょっと最先端?」と、気取った気分にさせてくれる短編集。
コアなファンの人口に膾炙するのは文庫では二篇めに配置された「少年ジャンプがぼくをだめにした」です。
主人公「わし」は、姫野さんが直木賞授賞式のスピーチで述べられた「マイノリティな感覚」、「マイナーな感受性」による悩みを打ち明けるのですが、
この打ち明け方が、またアヴァンギャルドで、クールで、気が効いています。タイトルも良いよね♪

「蕎麦屋の恋」角川文庫2004/ 9/25、(単行本は、イーストプレス2000/ 2/25)
短編集。僕は、ほとんど「ストーリー命」の読み方をするのですが、この短編集に限っては、雰囲気=小説の舞台に吹いている風の温度、湿り気までも感じられたような印象が残っています。
表題作が、本の半分程度を占める中編です。
ちなみに、単行本のみに収録されている、「スワンの涙」は、親指シフトの小説です。
ちなみに、amazonに単行本が中古出品されています。(今のところ、暴利を狙った金額ではないです。)

受賞後 投稿者:ジキル 投稿日:2014/03/04(Tue) 18:03 No.254

近所の本屋さんで、「昭和の犬」といっしょに「ツ、イ、ラ、ク」と「桃」「終業式」と、「バカさゆえ」が展示してありました。「バカさゆえ」がちょっとマニアック?かも。

Re: 受賞後 - 2014/03/05(Wed) 07:41 No.255
角川の営業の人が頑張ってるんですね。
と、思い、角川のラインアップを見てみると、近刊で言えば、風のささやき(2011)、ボヴァリー夫人(2003)、ほんとに「いい」と思ってる?(2002)、作家ってどうよ?(2004)となります。
すると、やはり「バカさゆえ」は、角川でどなたかマニアックな方が押してるのかも知れませぬな。
この文庫の解説は、最近Twitterで拝見する、伊藤和弘氏。
マニアックな本の解説には、適任者でございます。
タイトルもパロだったんですね。

直木賞受賞式 投稿者:やん 投稿日:2014/02/21(Fri) 17:16 No.243

昨日(2/20)帝国ホテルで第百五十回芥川・直木賞贈呈式、祝賀パーティが催されました。
既に報道などで伝えられていると思いますが、姫野先生のスピーチが感動的でした。
姫野作品を必要としている人がいること、その人のために書くのだ、ということをユーモアを交えながらのスピーチでした。(と僕は理解しました。)

Re: 直木賞受賞式 - ロク 2014/02/22(Sat) 00:37 No.244
私も姫野さんの話を聞きながらじーんときたのですが、涙を浮かべている方もいましたね。
姫野先生のスピーチ - 2014/02/22(Sat) 00:45 No.245
つい、僕も泣けてきて、後ろを向いてハンカチで目を拭こうと思ったら、隣の都子さんも目を真っ赤にしていて、気付けば、それまで元気だった姫野カオルコファン集団がおとなしく感無量もーどでした。
姫野先生のスピーチ2 - 2014/02/22(Sat) 04:35 No.246
それでは、ニュースが取り上げていないようですので、感動の姫野先生のスピーチの感動部分を、僕からファンのみなさんにお伝えしようと思います。(直木賞作家のお話を僕が文章にしようと言う無謀な試みです。あらかじめご了承をm(v_v)m
ちなみに、andre1977さんがツイートしている
https://twitter.com/andre1977/statuses/436814874434215936
も印象的でした。
で、僕は、
「私は甘いものが苦手です。」
と、ファンにはなじみ深い姫野先生の嗜好をご披露するところからのお話しに感激しました。
(以下、帝国ホテルの美味しい白ワインを飲んでほろよい気分の僕の記憶です。)
「拙宅を訪れる方が、気を遣って持参される手みやげは、ありがたい。」
「されども甘いものが食べられないのでもったいない。」
「そのまま置くワケにはいかないので、知り合いに差し上げることになり、心苦しい」
「ありがたい→もったいない→心苦しいの循環が悩みである。」
と、ご自分の悩みをお話しされました。
ご自分がマイナーな悩みを持っていることをお話しされたのかな?と思っていると、
「私のマイナーな悩みは、甘いものが苦手だ、と大したことがないものですが、人がいれば、その数だけ、人に言いづらいマイナーな悩みがあるはずです。」
と、ご自分の例から、他の方のもっと深刻な悩みへお話しを広げられ、
「人は一回だけしか生きられない、限られた時間の中で、そんな悩みを共有出来れば、人生はより豊かになるはずです。」
(って、この辺から、僕の記憶ははなはだ怪しいのですがm(v_v)m)
と、深刻な悩みも、豊かな人生を送るための個性として捉える提案をされました。
そんなマイナーな悩みを、これからも作品として記していく旨を述べて、このお話しをしめくくられました。

僕は、姫野先生の作品を読んで、
「あぁ、こんなマイナーな悩みでも、理解してくれる人がいるのだなぁ。」
と、ありがたい気持ちになります。
それが、姫野先生の作品を長く読み続けている動機になっているのですが、
今回のスピーチを拝聴して思ったのは、そんなふうに僕が姫野作品に求めている気持ちを、
姫野先生が理解してくれている。
と、言うことでした。

嬉しいじゃないですか。
と、感激してたら、泣いちゃったわけです(;>_<;)

フォロー求む - 2014/02/23(Sun) 23:47 No.247
折角ファンを代表して呼んで頂いたので、ここを訪れる他のファンの皆様にもお伝えしたく頑張って書きました。(ちなみに無許可デス。)参加された他の方に、補足や訂正とかして頂きたく、お願いしますデス。
Re: 直木賞受賞式スピーチ - なつせ 2014/02/24(Mon) 22:08 No.248
20日贈呈式のスピーチを文字おこししました。
http://hinenofan.hatenablog.com/entries/2014/02/24

姫野カオルコ ファンのブログ はてなブログです

Re: 直木賞受賞式 - つる 2014/02/25(Tue) 20:39 No.250
スピーチの書き起こし、有難うございます。
ファンサイトのトップページの「ファンのブログ」から入ると
「すっぴんは事件か?」の記事にとんでしまいます。
是非とも、トップからも行けるようにしてください。
どうぞよろしくお願いします。

姫野先生のスピーチ - 2014/02/26(Wed) 02:10 No.251
おぉっ(!o!)なつせさん、ありがとうっ(;>_<;)
http://hinenofan.hatenablog.com/entry/2014/02/24/220006
↑はてなブログはコメントが書けます。みんなで盛り上げまショー\(^O^)/
ジキルさんの情報掲示板?@にも
http://himenoshiki.com/clipbbs/clipbbs.cgi

Re: 直木賞受賞式 - 都子 2014/02/28(Fri) 21:34 No.252
わ〜、改めて読み返すと感動がよみがえります。
本当にいいスピーチでした。
明日からの丸ビルのイベント、田舎に帰ってて行けないので、今日仕事中に覗いてきました。
TVで贈呈式の模様を35分の映像にして流してたんですが、やんさんと私の後ろ頭、見つけちゃいましたよ。
だいぶかぶりつきで前に行ってましたね。

Re: 直木賞受賞式 - 2014/03/01(Sat) 20:05 No.253
受賞お三かたの前が黒山の人だかりでした。
舞台正面は、カメラマンが横に一列座っているだけでした。
ラッキーにも二列目の特等席でスピーチを拝聴することが出来ました。
そうですか。映っていましたか(^_^;)

周りの報道陣が、スピーチの内容をあまり注視せず
(それぞれ仕事に集中されていたワケですが)
一所懸命シャッターを押していたり、
メモをとっていたので、
「ばかやろー、ここは感動する所だよ。」
と、ポケットからハンカチを取り出し、
大仰に後ろを向いて涙をぬぐったりして、感動をアピールしておりました。
振り向くと、
「あ、都子さんも泣いてる。」
と思ったんですが、
あれですね。報道だけだと、会場が盛り上がりませんね。
やっぱ、本好きのファンが、あれだけいたから、会場盛り上がったんでしょうね。(と、我らの存在意義をアピール(^_^)vしてみる

明日(3/ 2)の、マルキューブトークイベント
http://hon.bunshun.jp/sp/akutagawa-naoki150
どなたか、ご様子をお知らせ頂きたく。
(トップバッターは、贈呈式会場で、我ら姫野ファンをサポートしてくれた辻村深月さんですな。(あの人、いい人ですね。)
よろしくお願いします。

土曜日のサイン本お渡し会 投稿者:なつせ、管理人 投稿日:2014/02/15(Sat) 00:02 No.241

雪のため中止です。神保町三省堂の分。
日曜の池袋リブロは今のところ開催予定とのことです
http://www.gentosha.jp/articles/-/1593

Re: 土曜日のサイン本 - 2014/02/15(Sat) 00:24 No.242
予約した方には、お電話があったと思いますが、
サイン本は完成しており、後日お店に取りに行けば
サイン本を入手出来るそうです。

・ 新宿紀伊國屋書店、
・ 神保町三省堂
で予約した方も一安心ですね。
ま、姫野先生を拝見できないのは残念ですが。

先週の雪の時には、
「1969年(イク10~11歳)以来の大雪」
ということでしたが、
サイン本お渡し会3回のうち2回を中止させる、この大雪は、何年ぶりと言うことになるでしょうか(O.O;)(o。o;)

立ち上がりテスト 投稿者:ひろこ 投稿日:2012/11/28(Wed) 22:51 No.89

女・29歳・159?p・53?s

腰をかけた状態はどっちもOK。
しゃがんでだと左足(軸)はなんとかできたけど、右はできませんでした。

バランスが悪いのかな〜(^^;)

ちなみに毎日の運動量はほぼゼロです。


追伸

この場をお借りして・・・

『ツ、イ、ラ、ク』、10年ほど前に出会って以来一番影響を受けた小説です。出会えて本当によかった。

大ファンです。姫野さん、いつも応援しています!(^^)

ところで三ツ矢くん - 2014/02/06(Thu) 01:24 No.235
『ツ、イ、ラ、ク』と見て、思い出しました。
発売当時、三ツ矢について、ファンの間で意見が分かれたことを。
1年以上前の書き込みのレスで申し訳ないですm(v_v)m

皆さんは、三ツ矢を許すべきだと思いますか?

ちなみに僕は許すべきと思います。強烈な後悔をして、それを隠している人は、他人の弱点について配慮が出来るように思います。
逆に
「私は人に後ろ指を指されるような事はしたことがない。」
と自信を持って言う人は、人の失敗に容赦が無いような気がします。

確認のため六章「下校」を読み返してたら、嘘をついて吐くほど気分が悪くなる、この人たちの正直さが素敵なものに思えてきました。

Re: 謝罪をする事が大事 - なつせ、管理人 2014/02/06(Thu) 22:48 No.236
強烈な後悔を胸に抱えている事が描かれる事で、三ツ矢たちがタダの脇役では無くなると感じました。
許されなくてもいいのですが、隼子のキャラクターを考えると、投げ捨てるように赦すほうが美しいと思います

私は許せない - なつせ、管理人 2014/02/09(Sun) 18:01 No.237
許さないーーーという方も居られましょう。
隼子が許したとしても、三ツ矢の重荷はほんの少し軽くなるだけですし。

職業に言及? - 2014/02/09(Sun) 23:26 No.238
以前のチャットのやりとりでは、
「三ツ矢が教師をしているのがよろしくない。」
と言う方がいらっしゃいました。
僕は強烈な後悔をして、それを隠している人の方が逆に教師に向いていると思いました。

三ツ矢としては、あきらかに常軌を逸した事を自覚しているので、許される必要は無かったと思います。

隼子の側からすれば、河村との仲に害を与えていなかったわけだし。(河村の判断が的確だったと読者が納得する仕掛けであるわけだし。)どこかで、「許す」と言う必要があったように思います。
もし、隼子が三ツ矢への恨みを持ち続けてたとすると、河村との再開後「やっぱり、三ツ矢の指摘のとおりじゃないか。」と言われてしまう。

祝 直木賞受賞 投稿者:ジキル 投稿日:2014/01/16(Thu) 19:35 No.199

おめでとうございます。

Re: 祝 直木賞受賞 - なつせ 2014/01/16(Thu) 19:53 No.204
やったー おめでとうございます。
Re: 祝 直木賞受賞 - つる 2014/01/16(Thu) 20:00 No.205
おめでとうございます。おめでとうございます!!
Re: 祝 直木賞受賞 - パンダぷー 2014/01/16(Thu) 20:42 No.206
ほんとうにおめでとうございます!!
Re: 祝 直木賞受賞 - ミカショ 2014/01/17(Fri) 02:02 No.207
おめでとうございます。
記念撮影での笑顔を拝見し、とてもうれしくなりました。
本当に、よかったです。

Re: 祝 直木賞受賞 - いんみ 2014/01/17(Fri) 08:03 No.208
10年近く、ご無沙汰していました。今更ですが、お祝いを言わせてください。
朝、NHKつけていたら、見覚えのあるお顔。。。もしや、もしや。。やっぱりだ!カオルコさんだ〜!と喜んだ次第です。 よかったですね!おめでとうございます。
ジャージ姿にすっぴんで、相変わらずお肌綺麗な姫野先生ですね。コメントも素敵でした「ビジネスマンとしては、(受賞)嬉しいです」なんて率直なご感想。賞そのものより、読み手の心に残ることを大切にしているとわかります。

Re: 祝 直木賞受賞 - キュルリ 2014/01/17(Fri) 08:32 No.209
私も数年ぶりの書き込みですが・・・
姫野先生、本当におめでとうございます!!
ついに無冠の女王ではなくなってしまわれたんですね、それでも(?)ファン一同、しみじみと嬉しさを噛みしめております(つД`)
昨夜は3度目の『昭和の犬』読破をしましたが、この週末は残り4つの候補作を読み返しつつ、万感の思いにふけりたいと思います(*´ω`*)

Re: 祝 直木賞受賞 - りと 2014/01/17(Fri) 16:33 No.210
おめでとうございます。
胸がいっぱいです。

Re: 祝 直木賞受賞 - やん 2014/01/18(Sat) 17:45 No.213
感無量です。
今後「直木賞候補だぁっ!」と騒ぐ機会が無くなるのが残念ですが(^_^)
人にお勧めする際に「直木賞作家だよ。」と言えることは、ファンとしては誇らしいものです(^_-)v

Re: 祝 直木賞受賞 - ロク 2014/01/18(Sat) 19:16 No.214
本当におめでとうございます。
「直木賞候補だぁっ!」と騒ぐ機会が無くなるのは、確かにちょっと残念ですね。ぉぃぉぃ(^_^;;)

Re: 祝 直木賞受賞 - ayugone 2014/01/19(Sun) 17:19 No.216
おめでとうございます。おめでとうございます。おめでとうございます!
姫野さんの記者会見を見ながら感慨深くて涙ぐんでしまいました。
数年ぶりの書き込みです。
嬉しくて、嬉しくて、おめでとうございますと誰かに言いたかった。
賞をとることが全てではないけれど、これで本が一冊でも多く売れたり、
少しでもファンの裾野が広がったりすればこんなに良いことはないです。
私はこれからもずっと読み続けます。
最近で、一番嬉しい出来事でした。

管理人さん、長い間掲示板を続けて下さりありがとうございます。

Re: 姫野さんの全読者 - なつせ 2014/01/19(Sun) 22:33 No.219
受賞会見や王様のブランチインタビューで
「私は読者に支えられました。読者に恵まれました」
とおっしゃってましたね。

本を買って読んだ人は「私が支えた」と思って良いし、
ファンレターを書いた人は「私がすごく支えた!」と誇って良いですね!

「受難」からでも17年。コンスタントに候補作レベルの創作を続けてきたのは、スバラシイことです。

Re: 祝 直木賞受賞 - 小梅 2014/01/21(Tue) 12:36 No.221
なつせさん、お久しぶりです。
涙が出ました。受賞おめでとうございます。いつまでも姫野さんをお慕い申し上げております。

Re: 祝 直木賞受賞 - やん 2014/01/24(Fri) 20:18 No.226
B・ヤンソンさんは、元気かしら?
ファンの日常 投稿者:キュルリ 投稿日:2014/01/20(Mon) 23:23 No.220

なつせさん、皆さま、こんばんは。

(先日ほんとうに久しぶりに書き込みをさせていただき、
また、この掲示板で出会った友人たちや、ここを心のよりどころにしていた頃の常連さんたちのお名前を多く目にして、懐かしさのあまりの連投、どうかお許しくださいm(__)m)

私事ですが、今日は2ヶ月に1度の婦人科受診の日で、『昭和の犬』をカバンに入れていってきました。
普段外ではカバーをかけて本を読むのですが、
姫野先生の作品が直木賞にノミネートされたときだけ、宣伝を兼ねてカバーなしで美容院や病院で読んでいたんですね。

しかし、今回は思いがけず葛藤しました(^_^;)
行きつけの美容院なら、オーナーに
「また姫野カオルコですか?」「今回受賞しましたね」
なんて言ってもらえそうですが、
たまたま通っているのがやたらオシャレ&ハイセンスな産婦人科のため、まわりもこじゃれたミス&マダムばかりで、
『まぁ、あのひと直木賞で話題の本だから買ったのね』『普段はきっと本なんか読まないのに、知的であることをアッピールするために見せびらかしているに違いないわ』
と思われやしないかと、カバーをかけるか否かを出かける前に悶々と悩み・・・

満を持しての受賞が、20年来のファンとして嬉しい限りであるのに、よもやこんな弊害を生むとは・・・(苦笑)

今日もラジオ出演等、姫野先生も静かな日常から一転したお祭り騒ぎのなか、しばらくあわただしい日々を過ごされておられることと思いますが、
受賞に際し、ファンの皆さまの日常も、なにかお変わりありましたか?

同窓会がてら、お時間があれば皆さまの近況もお聞かせいただけたら嬉しいです。
(こんなとき、真っ先に書き込んでしかるべきリンゴさんの姿が今回見えないことも、とても心配なのですが・・・)


Re: ファンの日常 - ロク 2014/01/21(Tue) 17:31 No.222
キュルリさん、ご無沙汰しております。ロクです。公私ともに2度引っ越しましたが、まあ相変わらずです。
さてキュルリさんのお悩みですが、直木賞を受賞してから買われた本の帯は「直木賞候補」と書かれている可能性が高いです。こういう帯があったことはネットを探せば見つかります。
また今後買われる本の帯は「直木賞受賞」と書かれる可能性が高いでしょう、宣伝になりますから。
キュルリさんが、「昭和の犬」を直木賞候補になる前に買われていたなら、帯には「直木賞」の文字は入っていませんよね。これぞ旧来からの読者の証ではないでしょうか。まあ「直木賞候補」になった直後や配本の都合で、「直木賞」の文字が入っていない帯の本を買えた方もいらっしゃるとは思いますが、わかる人にはわかるということで、宜しいのではないでしょうか。

Re: ファンの日常 - キュルリ 2014/01/22(Wed) 22:52 No.223
ロクさん、こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして・・・
とりあえずお元気そうでよかったです(^ー^)

帯、ですか! 考えたこともなかった!
姫野先生の本といえば基本発売直後に買うものだから、『直木賞候補』だとか『受賞』なんて帯のついたものは、そういえば持ってないですね・・・
(でも、ファンではない人はそれこそ帯なんか見ませんよねぇ)

とはいえ、単なるミーハーと誤解されてでも、「とにかく姫野先生のお名前と本のタイトルを世の人たちに認識してもらえるなら!」と言う気持ちでがんばります!

Re: ファンの日常 - なつせ 2014/01/24(Fri) 08:13 No.224
私も同じなので解ります。ヒメノ読者らしい自意識過剰っぷりです。

よく合う人には、'いつも本を読んでるキュルリさん’と認識されてるから問題ないと思いますよ。

「昭和の犬」は表紙がすごく良いので、見せびらかしたいところです。 
 妹から「直木賞とったね!」とメールがありました。
 帰省したときに、私が読んでいたのを覚えていたみたいです。

Re: ファンの日常 - リンゴ 2014/01/24(Fri) 19:29 No.225
キュルちゃんひさしぶり。返信遅くてごめんね。元気だよ。もうなにも変わりなくて困るくらい。

本が売れるのはいいことだけど、これをきっかけに「姫野カオルコ」が興味本位なマスコミやらミーハーな輩に蹂躙されやしないかとそれが心配。

姫野さん ラジオ 投稿者:なつせ 投稿日:2014/01/19(Sun) 21:59 No.217

ラジカントロプスで。: ポッドキャストもありますよー@kaerubungei: 芥川賞直木賞メッタ斬り!結果編収録、記者会見会場で大森さんが出演OKゲット、姫野カオルコさんを迎えて盛り上がる盛り上がる! あしたの深夜のオンエアお楽しみに! http://t.co/mNvxiHchbJ

末尾リンクは出演者の写真です。ジャージはアディダス!

Re: 姫野さん ラジオ - なつせ 2014/01/19(Sun) 22:19 No.218
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/radio.php
ラジオ日本 ポッドキャストあります

18日王様のブランチ出演 投稿者:なつせ、管理人 投稿日:2014/01/18(Sat) 01:30 No.211

直木賞作家として出演するそうです

Re: 18日王様のブランチ - なつせ、管理人 2014/01/18(Sat) 01:43 No.212
紹介だけかも?はっきりしなくてすみません
Re: 18日王様のブランチ - りと 2014/01/18(Sat) 21:07 No.215
姫野先生が、読者に恵まれた、感謝する、とおっしゃって、
本当に、そのお気持ちが伝わってきて、
涙があふれました。

姫野先生の温かい雰囲気も素敵で、
とても良いテレビ出演に感じました。

おめでとうございます。 投稿者:すー 投稿日:2014/01/16(Thu) 19:49 No.203

直木賞受賞おめでとうございます。
とてもうれしいニュースです。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -