433780

姫野嘉兵衛ファンの掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
立ち上がりテスト結果 投稿者:なつせ 投稿日:2012/11/30(Fri) 08:25 No.90

記事の枠・右上のNoの隣[返信]ボタンから書き込むと、同じ枠に書き込めます。

 ↓ まとめてみました。

Re: 立ち上がりテスト結果 - なつせ 2012/11/30(Fri) 08:28 No.91
>体幹 立ち上がりテスト 投稿者:男44・171・64 投稿日:2012/11/27(Tue) 12:34 No.88
>腰かけてだと、左のみできた。しゃがんでだと両足ともできなかった。

立ち上がりテスト - なつせ(管理人) 2012/11/30(Fri) 08:32 No.92
>立ち上がりテスト 投稿者:ひろこ 投稿日:2012/11/28(Wed) 22:51 No.89
>女・29歳・159・53
>
>腰をかけた状態はどっちもOK。
>しゃがんでだと左足(軸)はなんとかできたけど、右はできませんでした。
>
>バランスが悪いのかな〜(^^;)
>
>ちなみに毎日の運動量はほぼゼロです。
>
>追伸
>この場をお借りして・・・
>『ツ、イ、ラ、ク』、10年ほど前に出会って以来一番影響を受けた小説です。出会えて本当によかった。
>
>大ファンです。姫野さん、いつも応援しています!(^^)

Re: 立ち上がりテスト結果 - なつせ(管理人) 2012/11/30(Fri) 08:42 No.93
>「男44・171・64 」さん

 体幹のトレーニングが必要かもですね。まだ間に合うことでしょう。 

「片方がダメだったら、「ちょっと弱い」
 右でも左でも、立ち上がれなかったら、「要支援」の老人並の体幹。」(姫野さんのブログから)

>ひろこ さん

すばらしい!!


Re: 立ち上がりテスト結果 - ヒメノ 2012/12/03(Mon) 09:19 No.94
>ひろこさん

ご声援メッセージ、ありがとうございます!
そのうえ、「立ち上がり体幹テスト」で、こしかけてが両足とも、しゃがんででも片足で、できるとはすばらしい。
私より30歳くらい年下でおられるので、この体幹でスポーツをなさったらすばらしく上達されると思います。

立ち上がりテストの結果 投稿者:なつせ 投稿日:2012/11/23(Fri) 16:39 No.85

30cmくらいの台にすわり、
「両腕を、胸の前で交差して、」
片足で立ち上がる体幹のテストが、姫野さんのブログにのってました。
腕を伸ばさないと、ぐっと難しくなりますね。

右足側が立ち上がりきれません。
おなかの奥と腰の内側をつなぐ筋肉が力が出ない感じです。
これがコア??


あと、太ももの筋力が自分のイメージより、はるかに小さいのにショックです。

台を使わずしゃがんで行うほうは、
片足を伸ばしたところで、堪えきれず後ろに転がりました。
体が硬い方は要注意です。

バランスボールでトレーニングするのかな。

Re: 立ち上がりテスト - ヒメノ 2012/11/25(Sun) 08:11 No.86
身長156?p、体重38?sくらいの、かぼそくて、か弱いかんじの女性が、しゃがんで、脚をまっすぐにのばして(コサックダンスのポーズ)すいすい立ち上がるんですよー。
その人、ボールの上にも膝乗りしてすいすい(中国雑技団の人みたい)。

でも、その人、ふつうの腹筋運動をさせると10回が限界なの。だから、ほんとにアウターとインナーのマッスルはちがうんだと痛感しました。


Re: 立ち上がりテスト - なつせ 2012/11/25(Sun) 23:04 No.87
この「両腕を、胸の前で交差して、」テストを発明した人すごいですね。 力がはいらなくなるもん。
 私は運動をしているほうだし、ヒメノさんもエアロビクスジプシーをしてらっしゃるくらいなのに!できない!
 アウターマッスルとは違うものなんですね。これは対策しないと。

ここのところお気に入りの 投稿者:お笑い芸人さんは? 投稿日:2012/11/10(Sat) 16:42 No.60

あなたがここのところお気に入りのお笑い芸人さんはだれですか?

comedian - ex. 2012/11/10(Sat) 16:49 No.61
tokyo 03, sandwichman, takaandtoshi...sumimasen kyu ni nihongo hyoki dekinaku natta.
Re: お気に入り - なつせ 2012/11/10(Sat) 18:52 No.62
ジャングルポケット(暑苦しい芝居をするトリオ)/COWCOW?
(伊勢丹の紙袋)「あたりまえ体操」が当たったのでコントをしなくなって残念。/東京03は私も好きです。

Re: お気に入りの - 藤井 2012/11/10(Sat) 21:04 No.63
好きなのは、なすなかにし です。

Youtubeの公式アカウントで投稿されている動画を何度も何度も何度も見てしまいます。
動画は「笑える」とか「かわいい」ではなく、なんというか、「ゆかし」という感じです。

Re: お気に入りの - ともみ 2012/11/11(Sun) 19:49 No.64
かもめんたる(旧・劇団イワサキマキオ)が好きです。

3年くらい前から応援していたのですが、この前のキングオブコントで3位になってとても嬉しく思っています。

Re:気に入りの - ともみ 2012/11/11(Sun) 20:03 No.65
ちなみに、かもめんたるでYouTubeにあがっているコントでは、↓がお気に入りです。

http://www.youtube.com/watch?v=vmVlEycFJrI&list=UUzU7xB9umYucVfHWGHXtBCA&index=7&feature=plcp

Re: お気に入りの - なつせ 2012/11/12(Mon) 08:29 No.66
>藤井さん。 おすすめありがとうございます
なすなかにし「スーパーロボットゴッドキング」を見ました。公式ではないのですが。 いい感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=gmR4YKFOmi4

>ともみさん。
かもめんたる(旧・劇団イワサキマキオ)は、
小劇団らしいブラックな笑いが魅力と感じました。
キングオブコントで3位のものは、私も見て笑ってました。

Re: saikin no owarai - ヒメノ 2012/11/13(Tue) 15:34 No.70
みなさんの新しい世の中情報をyoutubeで見るのを、原稿を書いているあいまのたのしみとさせていただきます。ありがとうございますm(_ _)m

ただ、この掲示板から直接ジャンプできないので、URLじゃなくて、たとえば〃かもめんたるの『ノブ&美和』〃みたいに、芸人名(コンビ名)&ネタのタイトル、で教えていただけますとありがたいです。

『ちびっこ旅行記』 投稿者:文容堂 投稿日:2012/09/14(Fri) 11:21 No.48

【yomyom2012夏号・掲載『ちびっこ旅行記〜箱根・富士屋ホテルの謎』……1960年代、小学生だったときに、箱根へ旅行したヒカルさんへ】

東京都練馬区在住・文容堂店主より
電話 0120-468-465
FAX 0120-493-746

箱根を旅行されたヒカルさんは子供らしくてかわいらしかったです。
それというのも、ヒカルさんの最後の言葉通り、生活のすべて、日々のすべてに悲しみが染み込んでいたわけではなく、たのしいこと、嬉しいこともたくさんあったことがわかって、わたしがほっとできたからでしょう。

また、お話を伺っていて、記憶の地層をつついてもらったような感覚になりました。自分自身の子ども時代の家族サービスを思い出してしまいまして……。
当然ながら、わたしにも子供の頃がありました。でも、ヒカルさんとわたしとは15歳の年齢差があるので(周囲からは20歳余の差があるようによく見られますけれど)、わたしが子供だったころとヒカルさんが子供だったころとは時代がちがいます。
たとえば私が小学3年生のとき(ヒカルさんが箱根に旅行されたのと同じ年齢のとき)、日本は昭和27年でした。「もはや戦後ではない」という経済白書が流行語になるのは中学1年のときですから、私が小学生のころはまだ戦後だったわけで、本格的な家族旅行などはとても……。

それでも夏休みに、私と二人の弟三人を、父親は家から遠い(子供には遠く感じられただけのことですが)山へ連れて行ってくれ、川で泳ぎを教えてくれました。川ですから、井上靖の小説にある「なんがれ」です。それが子供にはものすごく泳ぎが上達したように思われ、父親を「すごい」と思いました。なんともうしましょうか、「指導者としてすごい」という感覚です。

最近はもう思い出すこともなくなっていたのですが、ヒカルさんのお手紙を拝読しながら、様々な光景がスライドショーのようにフラッシュバックしました。いろいろと思い出しながら、〃「お父さんはすごいなあ」とくりかえし、すごい、すごいと言われた親父の本心はどうだったのだろう、ちびっこの息子3人からそう言われて本当に楽しんでいたのかな? dどと、ふと考えたりしました。

『毒になる親』の著者スーザン・フォワードによると、「つかのま、気まぐれに見せるやさしさが、かえって子供に、むなしい期待をさせてしまう」そうです。フォワード女史のお説もわかりますが、当時の日本の「夏の旅行」には、ヒカルさんの言うとおり、ヒカルさんの親御さんも含めて、当時の親たちのひたむきな心があったのではないかと思います。だからこそ、ヒカルさんの箱根旅行にも、合間合間には、思わず笑むような親子のやりとりがあったのだろうと思われ、ヒカルさんはそのとき、自分の親御さんがどうのというむなしい期待ではなく、ひとまわり大きい視点で、生きているというちにある希望を見られたのではないでしょうか。

Re: 『ちびっこ旅行記』 - なつせ 2012/09/17(Mon) 23:12 No.50
『ちびっこ旅行記〜箱根・富士屋ホテルの謎』

これまでは、ヒカルさんのご両親の不可思議な人格で大変なエピソードを読んでは
気持ちが「きゅうっ」となっていたのでした。
が、今回はご両親の再発見と和解ができたのですね。

文容堂 さんと一緒の旅行だったので
ヒカルさんの考えと文容堂さんの考えが響きあうのが
良かったです。

Re: 『ちびっこ旅行記』 - なつせ 2012/09/26(Wed) 22:41 No.52
それから、
文容堂さんの奥様
いい感じですね。

これまでは、ちょっとしか出てこられてないので

また、ゆっくりと登場願って
独特の
おうような空気をかもして欲しいです

パラリンピック 投稿者:きょん 投稿日:2012/08/21(Tue) 14:49 No.43

ご無沙汰してます。
姫野先生のブログから・・・。

以前「スポーツに携わる仕事がしたい」と順天堂大学を目指していた(行きました)生徒が、AO入試のための作文で書いてました。

「パラリンピックをなくすべきだ」と。

オリンピックの中の競技として「車椅子バスケ」とか、「車椅子テニス」とか、やればいいんだ、と。

ものすごーーく、いいアイディアだと思いませんか?

Re: パラリンピック - なつせ 2012/09/17(Mon) 21:43 No.49
いいアイデアです!


>オリンピックの中の競技として「車椅子バスケ」とか、「車椅子テニス」とか、やればいいんだ、と。

格闘技などに体重別のクラス分けがあるように
同じ種目のバリエーションにしていい。




『はじめての一等』 投稿者:文容堂 投稿日:2012/06/08(Fri) 09:49 No.30

【yomyom『はじめての一等』のヒカルさんへ】
 
 ヒカルさん、お手紙をありがとうございました。
 ヒカルさんが「はじめての一等」をとった時の弾けるような喜びは、読んでいて思わず笑みが浮かぶほど活力に満ち満ちていました。
 それだけに、お父様とお母様の様子が悲しくてなりませんでした。ヒカルさんの体のこわばりを追体験してしまい、氷を押し当てられたようでした。

 同時に、ヒカルさんのご両親を「お気の毒に」と思いました。このような態度によって、どれだけ人生の中で大切な時間を失ったことでしょう。喜びを自分の子とわかちあうことを、かくも無碍に否定してしまったら、それに勝る幸福が彼らにしばしば訪れるとはどうしても思えません。

 ヒカルさんはわたしに、ご両親や家を表現する「ひとこと」が何かないかとお尋ねですが、ものすごく難しいです。また、ご両親の個性を表す言葉を考えると、どうしても失礼なことを申し上げることになってしまい、よけいに難しい。

 確かに、ヒカルさんがおっしゃるように「きびしい」ではありません。
 問題のある親子関係を指す語として、最近、よく耳にするものとしては「ネグレクト(無関心・無視)」や「虐待」がありますが、前にお話を伺いました「乗合馬車」の件など、「乗合馬車」と言っただけであんなにお怒りになるくらいですからネグレクトではないですし、肉体的に殴ったり蹴ったりするわけではないですから虐待とか暴力という語を使うと、知らない人にはちょっとまた違って受け取られるでしょうし……。

 首をひねりながら、「冷え冷えとした家」を思いついたのですが、これもなにかちょっとちがいます。あえていえば「子を常に挫く親」でしょうか。「多勢に無勢な状態の子供」とか「だれも共感できない家」とか……。

 いや、だめですね。「ひとこと」ではないので、聞いた人はよくわかりませんね……。へたすると、ヒカルさんがときどき人から言われる「わざとふしぎなことを言って気をひこうとする」というケースになってしまうかもしれません。

 空想してもせん方ないですが、もし森茉莉さんがヒカルさんの手紙をお読みになったら、なんと御意見されるのか訊いてみたいものです。

 やはり「毒親」ではないですか? おおまかな区分けですが。
 毒親の狷介な対応によってヒカルさんが失ったものはとても大きいと思います。ですが、毒親を反面教師として成長していったと信じたいです。

Re: 『はじめての一等』 - なつせ 2012/06/13(Wed) 08:38 No.31
【理不尽】かな?
 子供って、どんなに変でも目の前の状況を受け入れてしまいがちです。

 やたらと威圧的な父親って、以前はよくいました。
 新世代のヒカルさんを無意識のうちに脅威に感じていたのでは。

シンデレラが文庫に 投稿者:光文社文庫 投稿日:2012/06/01(Fri) 16:16 No.29

『リアル・シンデレラ』が文庫になります。

『リアル・シンデレラ』あらすじ 光文社文庫より

童話「シンデレラ」について調べていたのを機に、ライターの〈私〉は、長野県諏訪市に生まれ育った倉島泉(くらしま・せん)について、親族や友人に取材をしてゆくことになる。
両親に溺愛され、近所の人にとっても注目の存在である妹の陰で理不尽なほどの扱いを受けていた少女時代、地元の御曹司との縁談、経営が傾きかけていた旅館の斬新なたてなおし、等々。取材するうち、リッチで幸せとは何たるかを、〈私〉のほうが問われるようになっていくドキュメンタリータッチのファンタジー。

6月12日発売


『プリティ・ウーマン』が 投稿者:なつせ(管理人) 投稿日:2011/11/30(Wed) 08:24 No.5

「姫野カオルコ ファンサイトB」(ブログ)新設しました・

第1回は
『プリティ・ウーマン』が、イヤな映画でしかない12の理由
http://himenofan.wordpress.com/2011/11/29/『プリティ・ウーマン』がイヤ映画でしかない1/

Re: ブログ名を変更 - なつせ(管理人) 2011/12/03(Sat) 12:07 No.10
「姫野カオルコファンのブログ」に変更です。
ストレートに。

リニュアル・オープン 投稿者:とうがらし 投稿日:2011/12/01(Thu) 10:11 No.7

リニュアル、お疲れさまでした。ほかの方も、御祝儀カキコなさって下さいね。このワクの「返信」をクリックすると、このワクに入ります。

Re: リニュアル・オープン - ジキル 2011/12/01(Thu) 12:33 No.8
祝リニューアル掲示板!!

ファンサイトブログも開設されたようですが、最初「ファンサイトB」ということは「Aはどこ?」と思ったりして・・・。
ブログのBなのですね。

Re: AとB - とうがらし 2011/12/01(Thu) 13:28 No.9
あ、わたしも「Aはどこ?」と思いつづけていました。ジキルさんの書き込みを読むまで(^^;;;
Re: ブログ名変更 - なつせ(管理人) 2011/12/03(Sat) 12:18 No.11
「姫野カオルコファンのブログ」に変更です。

>「Aはどこ?」
 ↑ この疑問はごもっともです。こねくり回して、解らなくなったのですね。
“姫野カオルコファンサイトブログ”<カタカナが長くて解りにくいと思って。 味見をしすぎて失敗したパターンでした。

Re: ブログ名変更 - とうがらし 2011/12/08(Thu) 11:51 No.12
ナルホド。変更されるというのなら、トップページが前のままなので、そちらも変更してソロえたほうが……。
Re: ブログ名変更 - なつせ(管理人) 2011/12/09(Fri) 08:42 No.13
サイトトップページの表示も
「姫野カオルコファンのブログ」に揃えました

教えていただいてありがとうございます
修正したつもりだったのですが、更新ミスしていました。

twitter始めました 投稿者:ジキル 投稿日:2012/03/07(Wed) 08:57 No.23

私もまだ使い方がわかっていないのですが、姫野ブログの更新情報を主につぶやいてみます。

姫野カオルコ(嘉兵衛)情報 koga工房
@jekyllkoga

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -