topにもどる
★クローズアップ作品
サイト管理人が独断と偏見で選んだ作品を紹介します。
ニュース/近況
プロフィール
著作リスト
写真
書評紹介
インタビュー記事紹介
一冊読むならブックナビ
連絡方法
関連リンク
クローズアップ
PCや携帯で読むには
『ハルカ・エイティ』(文藝春秋・2005年10月新刊)

今回は10月15日に発売されたばかりの長編小説『ハルカ・エイティ』の紹介です。1050枚(468p)の厚い単行本なのにグイグイ引き込まれて一気読みすること間違いなしの逸品。実は読む前に私の苦手な戦争の話かと勘違いしていたのですが、確かにあの時代を描けば色濃く戦争の影が射すのは間違いないし、姫野さんは驚くほど正攻法で戦争を描きます。爆弾を落とされる日常を生きたハルカさんの目線が主ですが、時には出征した夫の大介の悲惨な敗走の状況も描写されます。姫野さんや私の年代は親が戦争に行った最後の世代でしょうね。たぶん 「戦争を知らない子供たち」というフォークソングを知る最後の世代でもある。以下に本書のあとがきを全文引用すると、

 いちおう私は戦後生まれである。いちおう、などという言い方を するのは「あなたって戦前の生まれみたい」と、よく人から言われ てきたからだ。育った家をふりかえれば、そこには東京五輪も大阪 万博も関係なく、ずっと太平洋戦争の影が落ちていた。父母に濃く かかり、来訪者の多くにもかかっていたその影は、子供にはひどく 恐ろしかった。が、幼い私が、遠巻きに眺めているだけで、なぜか 励まされる伯母がいた。彼女が高齢になってからは、もっと励まさ れた。なぜだろうと、あらためて思ったのが今作を書くきっかけで ある。

 本書はノンフィクションではないが、実在の人間の、戦場での体 験はじめ、実際の体験をもとにした小説である。これまで自分がと ったことのないスタイルなので、性別、年齢問わず幅広い層の読者 の手に、本書がわたってくれるようにと祈っている。

文藝春秋刊『ハルカ・エイティ』あとがき

ということで、もちろん戦争は物語の重要なモチーフのひとつではありますが、ハルカさんが飄々と時代を乗り越えて行くにつれ、より大きな物語のメインテーマが起ち現れてきます。それは人が日々生きることの中にある小さな幸せの発見。なんじゃそりゃ、と言われそうですがハルカさんという人はどんな悲惨な出来事や不幸のただ中にあっても、針の先ほどの光を見出す天才なのです。その力はまわりの人間にも影響を及ぼし、実在の主人公ハルカさんに励まされた姫野さんの書いたハルカさんの物語に私たち読者もまた励まされることになるのです。

長編の前作『ツ、イ、ラ、ク』(角川書店刊)とはまったく違ったアプローチだし、表面上は「恋愛モノ」と「昭和の女性年代記」という括りの違いがありますが、意外にヒメノ式的な部分ではブレがなく繋がっていたりします。性別、年齢問わず幅広い層の読者はもちろんコアなヒメノ式マニアも充分楽しめる作品。


バックナンバー
終業式ツイラク&桃よるねこサイケ私小説タイムストッパー
受難ブスのくせに!ハルカ・エイティハルカ・エイティ2
ハルカ・エイティ3ちがうもん変奏曲レンタル不倫蕎麦屋の恋
ひと呼んでミツコ整形美女どうして結婚コルセットコルセット2
ツ、イ、ラ、ク(文庫版)ああ正妻リアル・シンデレラ


HOME/ニュース/ プロフィール / 著作一覧/ 写真/ 書評/ インタビュー/ブックナビ/ 手紙/ リンク/ クローズアップ

Copyright(c) 2016 姫野カオルコ公式サイト All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・放送等を禁じます。
Webmaster "Keiji-Koga" Since Feb.2005.